MIRAI-ZINE

menu

2016/07/20

世界一コミュニケーションが取れている会社!そのための取り組みとは?
筆者:荻須真結子
 

こんにちは!新卒採用担当の荻須です。
皆さんは学校や会社、様々なコミュニティに所属していると思いますが、そこでどのようなコミュニケーションを取っていますか?

 

どうすればもっと仕事がたのしくなるのか?


未来では月に2回、全社員が早朝勉強会に参加しています。”勉強会”と聞くと、堅苦しく、真面目なイメージを抱きやすいと思いますが、早朝勉強会では社員がどのような態度で働けばもっと仕事がたのしくなるのか?を考えることが多いです。

先日の早朝勉強会では『世界一コミュニケーションが取れている会社にするためには?』というテーマで、グループごとにアイデアを出し合いました!
 


 

荻須と伊藤でアイデアを考えてみました!


今回は商品開発グループ所属で入社2年目の伊藤窓射(いとうそうや)さんとアイデアを考えてみました。
 


荻須:伊藤くんはどんなコミュニケーションを取りたいと思う?


伊藤:そうですねえ… 毎日「おはようございます」ってあいさつしてますが、 入口に「今日の挨拶は〇〇語!」って掲げてみるとかどうですか?たとえば「タイ語:サワディークラップ」とか!


荻須:え、おもしろいね!朝から笑顔が溢れそう~~~!


伊藤:荻須さんは何かありますか?


荻須:今部署ごとにランチ会や飲み会をしてると思うけど、部署ごちゃまぜでランチ会をしたいかな!毎月第2水曜日は【部署横断ランチ会】って決めて、各部署から1人ずつメンバーをくじで引くの。
 

伊藤:おぉーーー!確かに部署を超えてのコミュニケーションは必要ですね!
 

荻須:今社長ランチ会や食事会も定期的に行ってるけど、先日中途採用担当の三城さんがこんなアイテムを作ってくれました!
 


伊藤:「次は私の番よ!」なんですか、これ!!


荻須:自分の話をするときに、この札を挙げて話をするの!他にもいろんな札があるんだ~♪


伊藤:僕もこれ、早く使いたいです!


荻須:こういうツールがあると、コミュニケーションの輪がより広がっていきそうだね。
 


くだらないアイデアから生まれる秀逸なアイデア


未来ではすでに社内コミュニケーションを取るために、部署でのランチ会、飲み会、社長との食事会を定期的に行っています!でも、もっともっとコミュニケーションを深めるための方法はあるはずです。その方法は社員のアイデアから生まれることが多々あります。くだらないアイデアをたくさん出すと、そこから思いもつかない素敵なアイデアが生まれていきます。たのしく働くためにも、社員同士のコミュニケーションを深めたい。そんな風に思っています。
 

あなたならどんなコミュニケーションを取りますか?

 

RECOMMEND