MIRAI-ZINE

menu

2022/01/10

ノリで手をあげてみる
筆者:石黒太一
 

プロジェクトのメンバー募集があるときに、まずはノリでもいいから手をあげてみることです。思わぬところにチャンスはあります。できるかどうかよりも、ワクワクするかどうかで考えてみることが大切です。
 
現状を抜け出そうとすると、どこかでパワーを使って切り拓いていく必要があります。しかし、どうやって抜け出したらいいかわからないのであれば、機会を上手く活かすことです。プロジェクトメンバー募集を見て、全くワクワクしなければ、目にも入ってこないことでしょう。しかし、どうしようかな、ちょっと興味あるなという場合は、何かしら自分の心が反応しています。少しでも反応したら手をあげてみることです。それは自分にとって自分を変える大きなチャンスであることを自分自身が教えてくれています。
 
何か学びたい、何かを始めたいということも同じことです。習い事などの年始キャンペーンがこの連休をターゲットに実施されていることも多くあります。今年のテーマや目標を徐々に具体化しはじめる時期でもあります。これやって見たいなと思っていることがあれば、ノリでいいからスタートしてみることです。
 
人に「この習慣は大切だ」とすすめられることもあります。もしくは、おすすめの本などを教えてもらうことがあります。人によって見ているポイントが違うかもしれませんが、人がすすめるには必ず訳あります。自分が感銘を受けたことをシェアしたいとか、相手にとって必要だと思うからということもあります。そうなんだぐらいの軽い気持ちでいいので、すすめられたことを受け取ってみることも思わぬチャンスになります。
 
運気や人生の流れというものがあります。目に見えるものではありませんし、自覚しにくいものです。しかし、「今日はついてない」とか「最近いい流れがきてる」という発言はよく耳にします。誰でも流れがあることは感じています。流れが良くなると、チャンスや機会が目の前に現れるようになります。しかし、流れがいいのか、それがチャンスなのかは後から気づくことも多くあります。そのためにも、まず自分が気づいたチャンスや機会には貪欲になることです。後からやっておけばよかったと反省しても、過ぎ去ってしまったものは戻ってきません。
 
根拠はないけど、ワクワクする。いつも自分のアンテナに引っかかってくる。そんなものがあれば、自分を大きく変えるために必要なことです。少しだけ意識してみると、これからの人生の大きな転機がやってきます。

RECOMMEND